本文へスキップ

ピアノプラザフロイデは東北最大級のピアノ専門店です。新品・中古ピアノ、輸入ピアノ、電子ピアノまで…調律・修理、買取、ピアノレッスンも承っております。

TEL. 0120-027-101

郡山本店 〒963-8846 福島県郡山市久留米2-135-3
福島店 〒960-8164 福島県福島市八木田字神明42-5


弦・チューニングピン外し、フレーム外し・塗装、響板塗装、弦張り その他特殊作業HEADLINE

このような修復を行う場合、まずはこの「弦張り」から始まります。なぜかというと、弦の張った
ばかりだとすぐに音が狂ってしまうため、先に弦を張り、納品まで何度も調律を行い安定させる
ためです。

画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます

①弦外し前

元の状態です。

②弦外し前

弦枕フェルト(黄色←)も交換

③弦外し

まずは弦を外していきます。

④チューニングピン外し

残ったチューニングピン・ブッシュも取り除きます。


⑤フレーム外し

フレームを外します。

⑥本体

フレームを外すと、本体はこのようになります。

⑦響板ニス剥離

剥離剤にて、もともと塗られていたニスを剥離いたします。

⑧響板ニス塗り

駒等にマスキングし、ニス(ここではクリア)を塗っていきます。

⑨響板ニス塗り

埃が乗らないよう、乾くまでビニールシートでカバーします。

⑩響板ニス塗り

乾燥しました!とてもきれいです♪


⑪ブッシュ抜き

フレームを外して行うと、非常に楽です。


⑫アグラフ外し

専用のレンチで抜いて、順番に並べておきます。下に入っているワッシャーも重要なので、なくさないように…

⑬フレーム研ぎ

スチールウールで」研いで、汚れを落とし、塗料をのりやすくする「足付け」の効果も。

⑭ヒッチピンマスキング

ストローを使ってマスキング



⑮フレーム…元の状態

元の色です。



⑯フレーム塗装後

スタインウェイ用の金粉を使用しました♪とってもきれいですね(^^)

⑰ ブッシュ穴あけ

新しいブッシュを植え込み、穴をあけていきます。



⑱アグラフ取付

アグラフの高さや向きを調整するため、アグラフ下にワッシャーを入れていきます。高さや角度に合わせて厚さを変えます。

アグラフ高さ、角度調整

ひもをピンと張り、アグラフ面と90°になるよう締めていきます。

⑳チューニングピン
植え込み

新たなチューニングピンを植え込みます。弦枕フェルトも交換

デュープレックス

デュープレックスもきれいに磨いていきます


張弦

コイルの巻き数を揃えて。張った後、コイルやピンの高さを揃えます。

㉓玉作り

芯線は、場合によってはこのようにコイルを作って(玉作り)張っていく場合もあります。


㉔弦張り

完成です!




特殊作業①響棒接着

響棒がはがれている際行う修理。響板・響棒共に貫通する穴をあけ、接着剤を流し込み両面から加圧。あけた穴は埋め木によって塞ぎます。

特殊作業②響板割れ修理

専用の機械にて、割れに溝を作り、同じ素材(スプルース)を埋め木します。

特殊作業③響板割れ修理2

埋め木を削る作業。その後響板とならすため削り、着色して補修跡を目立たなくします。

バナースペース

↓ 
フロイデ輸入ピアノ専門店



- menu -

無料診断・リニューアル

防音・耐震用品

防音室情報

ピアノ動画一覧

コラム集

ピアノ教室リンク集

株式会社フロイデ
ピアノプラザ

<郡山本社>
〒963-8846
福島県郡山市久留米2-135-3
TEL 024-937-3555
アクセスMAP

<福島店>
〒960-8164
福島県福島市八木田字神明42-5
TEL 024-546-9169
アクセスMAP




フロイデ ピアノプラザ/輸入ピアノ.com

Facebookページも宣伝